Wall Street Journal『亡霊に取りつかれた帝国:スティーブ・ジョブズ亡き後のアップル』の抜粋記事を掲載

Home / Apple / Wall Street Journal『亡霊に取りつかれた帝国:スティーブ・ジョブズ亡き後のアップル』の抜粋記事を掲載

timWall Street Journalに元サンフランシスコ支局においてアップル担当だった『ケイン・岩谷ゆかり』氏の著書である『Haunted Empire: Apple After Steve Jobs(亡霊に取りつかれた帝国:スティーブ・ジョブズ亡き後のアップル)』の抜粋記事の紹介が掲載されています。

TimCookの私生活やJobsとのCEOとしての姿勢の比較等、今までとは異なった切り口から現CEOを見ており面白い記事に仕上がっています。

同僚たちは長年、彼と個人的な会話をしようとしてきたが、ほとんど成功していない。同氏はアップルのキャンパスにあるのとは別のジムで運動をし、仕事以外で誰かと親しくするということもなかった。

(中略)

クック氏はかなりの倹約家でもある。エアコンもない賃貸アパートに何年間も住んでいた。そこはつつましかった少年時代を思い出させてくれたという。

クック氏は系統的で効率的なCEOであることを証明した。直感に頼って経営しているようだったジョブズ氏とは異なり、クック氏は予想される経費と収益に関する具体的な数字を要求した。ジョブズ氏が分裂を大いに楽しんだのに対し、クック氏は仲間意識やチームワークを尊重した。投資家にとってもクック氏はより目に触れやすく、わかりやすい存在だ。

 

Via - ジョブズ氏の亡霊に取り付かれたアップルとクックCEO(Wall Street Journal)

 

 

上記の日本語訳版は日経BPより発売予定と言うことですが、原文はKindle版も用意されています。

 
Haunted Empire: Apple After Steve Jobs
Yukari Iwatani Kane
HarperBusiness
売り上げランキング: 19,989
Tweet about this on TwitterShare on Facebook
Recent Posts