解約済iPadのネットワーク利用制限ではまった件

Home / Apple / 解約済iPadのネットワーク利用制限ではまった件

Apple iPad Mini with Retina Display 2013

Photo by Flickr

昨年、こちらの記事でiPad miniを割賦契約中に売却した旨を書きました。

じゃんぱらの分割買取サービスを利用し売却したわけなんですが、当然ながら残りの半額を受け取らなければならないのでsoftbankショップで残債の一括請求を依頼。

翌月請求と合わせて引き落としてもらいました。

しかし請求が引き落とされてから3ヶ月、4ヶ月と経ってもなかなかネットワーク利用制限が○にならない。

反映に時間がかかると言ってもこれは遅すぎるなと。

ドコモ、ソフトバンクのネットワーク利用制限を丸にする方法 | モバイルタイムズ

そこで調べて見つけたのがこ 上記の可能性ですが、回線をすでに解約済だったのでこれは無い。

仕方ないので157でSoftBankに電話。

状況を伝えると、どうもSoftBankのシステムに登録されている本体の個体番号(IMEI)が手元に控えている番号と違うことが判明。

これが微妙に違うならば控えている番号が間違っている可能性がありますが、如何せん全く違う番号

これはおかしいと思い考えてみるとこのiPad、Apple Storeで一回本体交換をしています

その際に個体番号(IMEI)も変わっているので、それがSoftBankのシステムに反映されていないのではという可能性を考えその旨をSoftBankの担当者に伝え調査を依頼しました。

iPad mini

Photo by Flickr

約一週間後、Softbankから電話があり、案の定その通り。無事に当該IMEIのネットワーク利用制限が○になりました。

あまり多くは無い様ですが、今回のケースの様に、稀にiPhone/iPadを修理交換した際に個体番号(IMEI)がキャリアのシステムに反映していないことがあるそうで。

もし同じ様な状況になった方がいれば、参考になればと思います。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
Recent Posts