プリツカー賞を坂茂氏が受賞

Home / Architecture / プリツカー賞を坂茂氏が受賞

POMPIDOU METZ

少々遅くなりましたが、改めておめでとう御座います。

 

建築界のノーベル賞と言われる「プリツカー賞」を日本人建築家の坂茂(Shgeru Ban)氏が受賞しました。

昨年の伊東豊雄氏に続き2年連続の日本人の受賞は非常に素晴らしいことです。

 

坂茂氏は意匠設計の素晴らしさもさることながら、3.11や阪神淡路大震災よりも前から20年以上にわたって世界中で震災等の被災地における仮設建築物の設計に尽力されてこられた方です。

坂氏の低コストかつ、入手性の高い素材を用いた仮設建築物は被災地におけるいち早い仮設住宅の設営に役立つのと共に、只の仮設・一時物としてではなく、意匠的にも非常に優れたモノを生み出し、創造性・質・コストと様々な面で新しい価値を提供してきた事が今回の受賞に繋がったと言われています。

Via - ShigeruBan Architects

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
Recent Posts