MikuInstallerでJW_CADをMacで動かす[Mountain Lion編]

Home / Architecture / MikuInstallerでJW_CADをMacで動かす[Mountain Lion編]

jwcadonmac

建築業界の3大CADといえば、VectorWorks , AutoCad , そしてjw cadですね。

このjw cad、フル機能のCADとしては唯一の無料ソフトのため、非常にシェアが大きいですが最大の欠点はWindows版のみの展開なのです。

 

今ではMac上でVMwareやParallels、BootCamp等Mac上でWindows及び、Windowsのソフトを動かす術はいくつかあります。それでもネイティブで動くわけではないので、動作が重かったり再起動をしなければいけなかったりと幾分か不便を感じずには居られません。

 

今回紹介するのは『互換レイヤー』と呼ばれるソフトで、Mac上で簡単なソフト(これを互換レイヤーと呼ぶ)を走らせ、そのソフトの上でWindowsのソフトを走らせる。そうするとjw cadをMac上で低負担で動かすことが出来る。そういったソフトの入れ方です。

 

その互換レイヤーが今回紹介する『MikuInstaller』というもの。本来はMac上で初音ミクを動かすためのソフトだったんですが、それを応用してMac上でjw cadを動かします。

 

ただ、このMikuInstallerが開発が2008年で止まっているので現在の最新OS 10.8(Mountain Lion)で動かすには少し手を加える必要があります。その手順を解説していきます。

 

長くなるのでRead Moreから利用下さい。

 


  •  準備 
まずは必要な物を4つ用意します。それぞれ最新版をダウンロードして下さい。

・MikuInstaller - http://mikuinstaller.sourceforge.jp

前述の互換レイヤーです。開発が停止しているのでバージョンは問題無いと思いますがページ内のMikuInstallerというところからダウンロードして下さい

・X Quartz - http://xquartz.macosforge.org/landing/

元々はX11というAppleがシステムに標準搭載していたウィンドウシステムなんですが、10.8から標準搭載されていないらしくインストールが必要です。ちなみに10.4〜10.5もカスタムインストールだったので入れる必要があります。MikuInstallerを利用するのに必要になります。

・Wine - http://winebottler.kronenberg.org

これはMikuInstallerの核のソフト。これをベースにしてMikuInstallerが動いているんですがMikuInstallerが開発停止のため古いバージョンのWineが入っています。これを書き換えるのに最新版のWineを入手します。ここからWine Bottleの最新版を入手して下さい。

DevelopmentとStableと言った2つのversionがありますが、どちらでも構いません。自分は安定版のStableを選びました。

・jw cad  - http://www.jwcad.net

これがないと話になりませんね。最新版をダウンロード下さい。


  • X Quartzをインストール 
準備が出来たら順番に進めていきましょう。

 

まず、先ほどダウンロードしたX Quartzをインストールします。

表記は英語表記ですが、OK , OK と進めていくだけのインストーラーなので難しい選択肢はありません。インストールして下さい。

 

 
  • MikuInstallerのWineの入れ替え
次に下ごしらえ。

MikuInstallerが開発停止していることにより、中に入っているWineのバージョンが古いままです。それを入れ替えていきます。

 

まず先ほどダウンロードした、MikuinstallerとWineを開きましょう。

1

ここでMikuInstallerとWine(WineBottleじゃない方)をドラッグアンドドロップでデスクトップにコピーします。

2

 

次にMikuinstaller、Wineそれぞれのアイコンを右クリック(または副ボタン)してパッケージの内容を表示させます。

MikuInstallerは

MikuInstaller>Contents>Resourcesの中のWine.bundleをこれまた右クリックしてパッケージの内容を表示します。

そしてその中、Wine.bundle>Contents>SharedSupportを開きます。

Wineは

Wine>Contents>Resourcesを開きます。

 

2−2

ここでWineの方からbin , include , lib , shareという4つのフォルダをMikuInstallerのSharedSupportフォルダにドラッグアンドドロップでコピーして下さい。同じ名称のフォルダがMikuinstallerの方には入っているので全部上書きして下さい。

 
  • Mikuinstallerの準備
さて、下ごしらえが出来たら、MikuInstallerをアプリケーションフォルダに移しましょう。

MacintoshHD>アプリケーションへ持って行きます。

移動したら早速起動します。

2-3

Mikuinstallerは起動しても何も画面が表示されないので上のメニューバーから環境設定を開きます。

3

すると画像の右側の画面が出てきます。そこのwinecfgというボタンを押すと、少し時間がかかりますが左側wine設定の画面が出てくるので、上のタブで切り替えてWineのバージョンを表示させましょう。1.4以上になっていれば成功です。(2013年8月現在)

4

次に画面のタブを選択し、仮想デスクトップをエミュレートにチェックを入れ、画面サイズを入力します。

自分はMacBookAir11インチで設定を行ったので1366×768でフルスクリーンです。

 
  • jw cadのインストール
さて、最後にいよいよjw cadをインストールします。といっても作業は簡単でMikuInstallerを起動させた状態でDockにあるMikuInstallerのアイコンにjw cad.exeをドラッグアンドドロップするだけ。

7

するとMikuInstallerが勝手に読み込みを始めて、この画面が出てきます。ここはOKですすめてあげます。

8

次にスタートメニューに登録するかを聞いてきます。ここは『いいえ』で進めます。はいにするとエラーが出てやりなおしになります。

 

これでインストールまで完了。

 
  • ショートカットの作成
 

インストールまでは完了しましたが、このままだとjw cadを起動するのが非常に面倒なので1クリックで起動できるようにショートカットを作ります。

 

MikuInstallerを起動し、環境設定を開きます。そこにある『CドライブをFinderで開く』をクリックします。

 

そこにjwwというフォルダが出来ているのでそれを開きます。

9

その中にあるjw_win.exeを選び、Dockにショートカットを作ってあげましょう。

次からはこれをクリックすれば起動出来るようになります。

10

 

こんな画面が出れば成功です。

 

いかがでしょうか。不明な点やうまくいかない等の報告がありましたらコメント欄等で知らせて頂ければと思います。必要に応じ追記していこうと思います。

 

起動速度は比較的高速で、CADとしては正直申し分ないです。(Mid2011 MacBookAir 11inch  1.8GHz Core i 7/4GB/256GBにて)

 

常用にも問題無いレベルなので、もしMacでjwcadを使いたい!という人の助けになればと思います。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
Recent Posts

Showing 8 comments

  • Bontempi
    返信

    JW CAD を試してみたく、あれこれ情報集めていたところこちらにたどり着きました。

    判りやすいご紹介手順通りアプリのセットをし、MikuInstaller内のWineバージョンも確認し、
    jww711.exe を MikuInstaller 上にドラッグ&ドロップしたのですが、、、

    【”default”のアプリケーションバンドルを作成しています…】の画面が出てしばらくすると
    【プログラムエラー;プログラム startmenu.exe で重大な問題が発生したため、終了する
     必要があります。ご不便をおかけし申し訳ありません。これはプログラム内の問題や Wine
     の欠陥によって発生することがあります。アプリケーションデータベースでこのアプリケー
     ションを動作させるヒントを確認すると良いでしょう。】 
    の画面が出て、JD CAD の起動ができません。

    対処方法にお心当たりがあれば、教えて頂けると大変ありがたいのですが。。。

    当方の環境下記の通りです。
    ・iMac Mid2011、OS X 10.7.5 (Lion)、メモリ 12GB
    ・MikuInstaller-20080803、XQuartz 2.7.4、Wine 1.4.1.6

    不躾な問合せで申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

    • Kazuyuki89
      返信

      >>Bontempiさん

      コメント有り難う御座います。
      残念ながら私にもどうも分からないのが正直なところで。。。

      ただ、私自身この工程をやるのに何回か途中でエラーを吐いて出来なかったことがあるので
      Wine/Mikuinstaller一式を全て一度アンインストールして再度ダウンロード、インストールしてみてはいかがでしょうか。

      私はサブ(Air11 mid2011 OS10.8)のマシンで3回目で上手く行って、メイン(Pro15 mid2012 OS10.8)は同様の方法で1回でうまくいきました。

      お力になれず申し訳ありません。

  • asa
    返信

    jwwcadが仕事で必要でこの方法に辿り着きました。
    mac book pro os x 10.9.1でも無事に起動しました。感謝感激です。
    一つ気になる点があるんですが、wineのバージョンが私は1.4ではなく1.1.2になったのですが、これはどういった理由でなったのか特定できません。起動はできているので大丈夫なのかなとも思っていますが、何か問題があるでしょうか?

    • Kazuyuki89
      返信

      asa さま
      コメントありがとうございます。原因は何とも言えない・・・ですね。旧バージョンのWineを入れているとも思えないですし、Wineのアップグレードが出来ていない?かも知れません。

      ただ、アップグレードしなくても問題無く動くので(笑)気にならさずご利用下さい。

      追記:自分も確認したところ、2台入れた内、1台は1.1.2になっていました。

  • ta28
    返信

    MACに移行してからJW_CADが使えなくて困っていましたが、こちらのページで使えるようになりました。ありがとうございますta28.ipad2@gmail.com一つ、質問なのですがJW_CADの中で作図中に例えば右クリックで点の指定をするときに何もないところで選択すると、ポップアップが出ルと思うのですが、中身に文字が全く表示されません。一応、使えるのでかまわないのですが気持ち悪いので確認してみたかったのです。いかがでしょうか?

    • Kazuyuki89
      返信

      ta28 さま

      コメントありがとうございます。
      返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

      自分の環境では普通に表示されてしまうので(MacbookAir11inch mid2011/10.8とMacbookPro15inch mid2012/10.9)お手伝いできるか分かりませんが、もしかするとフォントかも知れません。
      Macのフォントブックの中にMSゴシックのフォントは入っていますでしょうか。環境によってはMSゴシックが入っていない場合文字が見え辛くなったりする場合があるそうです。
      Microsoft Officeを入れている場合やWindowsマシンからフォントをそのまま持ってくれば利用出来るそうなのでもし入っていないようでしたらお試し下さい。

      参考までに。当サイトでは無いですがフォントの入れ方です。
      http://blog.goo.ne.jp/lemon-ed_001/e/d57262102ce46ccbd24ffd8d415b49fe

  • nary
    返信

    asaさんがOS10.9.1で可能とのことで、早速やってみたのですが、
    当方の10.9.1では「winecfgというボタンを押すと」で押して
    「プロセス“sh”は、予期しない状態で終了しました。(pid:20740, status:1)」
    になってしまい、つまづいております。。
    ご教示頂ければ幸いです。

    • Kazuyuki89
      返信

      naryさま

      コメントありがとうございます。
      当方の10.9のマシンで入れ直して見ましたが同様の症状は発生致しませんでした。
      お力になれず申し訳ありません。

      もし可能であれば、MikuinstallerやXQuartzを何度か再インストールして試してみては如何でしょうか。
      以前自分が出来なかった際には(エラーコードは失念)これで出来たことがあります。