Leicaの新型ミラーレス4月に発表?

Home / Digital / Leicaの新型ミラーレス4月に発表?

New-Leica-T-type-701-mirrorless-camera-announcement-1

Leicaの新型ミラーレスと噂されているLeica T (type701)がいよいよ来月、4月24日に発表されるのではないかと言う話が出ています。

leicarumorsによると、Leicaより各メディアに対して発表会の招待状が届き始めているという話。当然何を発表するかは伝えられていませんが、以前より噂されているLeica初のミラーレスが濃厚なのではないかとのことです。

このLeica初のミラーレスであるLeica Tと呼ばれる物は、マウントは従来のレンジファインダーで利用しているのM型とは異なる物を使い、ボディはLeica製、レンズの一部がPanasonic製と噂されています。

基本のボディや主力単焦点シリーズはLeica製でそれ以外がPanasonicと言うのが濃厚でしょう。

Leica銘のPanasonic製コンパクトデジタルカメラやPanasonicの持つマイクロフォーサーズマウントのミラーレスでのレンズ等、LeicaとPanasonicは以前より非常に良い関係を築いています。

それを考えると、ボディもPanasonic製か?とも思われますが、以前のインタビューでフルサイズとは行かないが大きいサイズのセンサーという話が出ているのでAPS-Cなのではないかとのこと。

どちらにしろまだ少し先ですが、これは楽しみ。

 

Via - leicarumors

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
Recent Posts

Comments

pingbacks / trackbacks

  • […] Leicaから満を持してミラーレスカメラLeica T(Type701)が発表されました。 以前こちらで発表か?という記事を書きましたが、その噂は事実だったようで。案の定4月24日に発表となりました。   スペックはAPS-Cサイズのセンサーで1630万画素。近年のミラーレスの標準であるWiFiやタッチ液晶を搭載。 寧ろハードウェアボタンを背面から取り除き、基本的な操作は全て液晶のタッチ操作で行う珍しいインターフェース。 マウントは新造のLeica Tマウント。純正マウントアダプタで従来のレンジファインダー機のMマウントにも対応。 デザインはコンパクトカメラのLeicaCと同様、Audiのデザインチームによるものでモダンでミニマルなデザインに仕上がっています。 価格は流石Leicaといったところでボディだけで¥237,600(税込) 同時発売のレンズは 単焦点のSummicron T 23mm/F2が ¥243,000(税込) ズームのVari0-Elmar T 18-56mm/f3.5-5.6が¥210,600(税込)   とてもAPS-Cのセンサーを積んだカメラとは思えない値段設定ですが、それでも欲しい人はいるのでしょう。後5万ずつ安ければ悩まず買っていたかも知れないけれど、この値段は流石に・・・。といった感じ。 しかし写りはLeicaの画でしょうから、そこは期待してしまいます。発売が5月26日。作例が出てきてから改めて悩みたいとおもいます。   ライカ ライカC(ダークレッド) Type 112 18489 ライカ  売り上げランキング: 153,198 Amazon.co.jpで詳細を見る     […]