Leica T発表

Home / Digital / Leica T発表

LEICA-T-DETAILS-WINDOW-TEASER_teaser-1200x470Leicaから満を持してミラーレスカメラLeica T(Type701)が発表されました。

以前こちらで発表か?という記事を書きましたが、その噂は事実だったようで。案の定4月24日に発表となりました。

 

スペックはAPS-Cサイズのセンサーで1630万画素。近年のミラーレスの標準であるWiFiやタッチ液晶を搭載。

寧ろハードウェアボタンを背面から取り除き、基本的な操作は全て液晶のタッチ操作で行う珍しいインターフェース。

マウントは新造のLeica Tマウント。純正マウントアダプタで従来のレンジファインダー機のMマウントにも対応。

デザインはコンパクトカメラのLeicaCと同様、Audiのデザインチームによるものでモダンでミニマルなデザインに仕上がっています。

価格は流石Leicaといったところでボディだけで¥237,600(税込)

LEICA-T-LENSES-WINDOW-TEASER_teaser-1200x470

同時発売のレンズは

単焦点のSummicron T 23mm/F2が ¥243,000(税込)

ズームのVari0-Elmar T 18-56mm/f3.5-5.6が¥210,600(税込)

 

とてもAPS-Cのセンサーを積んだカメラとは思えない値段設定ですが、それでも欲しい人はいるのでしょう。後5万ずつ安ければ悩まず買っていたかも知れないけれど、この値段は流石に・・・。といった感じ。

しかし写りはLeicaの画でしょうから、そこは期待してしまいます。発売が5月26日。作例が出てきてから改めて悩みたいとおもいます。

 

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
Recent Posts