Intuos Creative Stylus

Home / Digital / Intuos Creative Stylus

ics-1

ワコムが iPad 向けスタイラスペンの新製品 Intuos Creative Stylus を発表しました。プロフェッショナルユースやハイアマチュア向けの Intuos シリーズ初の iPad 向けスタイラスとなります。価格は9800円。タブレット Cintiq Companion を発表したワコムから、iPad で2048レベルの筆圧感知が可能なスタイラスペンが登場します。Intuos Creative Stylus は、 一般的な iPad 用スタイラスでは不可能な筆圧感知に対応し、たとえば筆で描いたようなタッチなど、より繊細で豊かな表現が可能になります。

 

ペンタブで有名なWacomから出た、iPad用のスタイラスペンです。

ただ、スタイラスといっても只のスタイラスではない。iPadをほぼペンタブ化するスタイラスです。

 

ペン側に筆圧、傾きを感知出来るセンサーを内蔵しBluetooth4.0でiPadと接続することによりペンタブのように筆圧、傾きを感知した絵をiPad上に描くことが出来る。

対応アプリケーションは現在Auto cadで有名なAutodeskのSketchBookシリーズや本家WacomのBamboo Paper等に既に対応し、今後AdobeのAdobe ideas等にも対応予定。

 

値段設定は¥9,800-と下位モデルのBambooシリーズとほぼ同価格帯。

ただ、筆圧感知は2048段階とBambooの1024段階を上回り、上位モデルのIntuosシリーズと同等。

傾き感知は45度。これはBambooと同等。ちなみにIntuosは60度まで感知が出来ます。

ics-2

これ、iPadを使ってのパースを描いたり彩色するのに結構便利になるのではないかと。自分の希にiPadで3Dで出したデータを下絵にして彩色して手書き風パースを作りますが、ここまで精度の高いペンタブがついていればかなり有利かと思います。

 

また、個人的にはiPad+Intuos Creative Stylusに対応アプリさえ出れば、これをマウスやトラックパッド代わりに使うことが出来るのではないかと考えています。

そうすれば従来のペンタブでコンピュータを操作するかのようにiPad+Intuosで操作ができるように。

また、Photoshopを使っての彩色等もIntuosでやるように容易に出来るでしょう。現状でもiPadをトラックパッドやマウス化するアプリは存在するのでそこまで遠い話ではないかもしれません。

 

 

Via  Intuos Creative stylus - Intuos

iPadで筆圧感知に対応するIntuos Creative Stylus - Engadget

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
Recent Posts