キリン保育園

Home / Architecture / キリン保育園

1-day-nursery-of-the-giraffe-by-hondelatte-laporte-architectes

なんだ・・・これはという建物。

 

フランスに実在する保育園です。キリンがくっついた保育園。

設計はHondelatte Laporte Architectesというフランスの建築事務所。

 

キリン以外に、テントウムシとシロクマが一緒にくっついているのですが、これらのデザインは勿論かなり深い意図あってのこと。流石に動物を置けば子供が喜ぶという理由で何千万というお金をこの設計に払う人はいないですよね。

Dezeen_Giraffe-Childcare-Centre-by-Hondelatte-Laporte-Architectes_24-CPE-Long-SO_1000

 

立面をみると動物以外の建物のボリュームは周辺の高さやそれぞれのボリュームに対して平均的なサイズを取っているとのこと。

 

それに合わせて動物を各配置している訳なのですが、これらは簡単に言うと都市と動物を通して想像力を働かせて欲しいという意図のよう。

『遠くに見える巨大キリンが近くにある木の葉っぱをまるで食べている様に見える』とか。『シロクマが建物で出来た階段を上ろうとしている』とか。都市部だからこそ、都市にはあり得ないスケールの物を加え、子供がそれに興味を持つことで、それらの組み合わせを子供は大人以上に面白くとらえてくれる。そこに価値を見いだしているようです。

 

確かに、大人から見れば建物の中に不釣り合いなキリンですが、子供に見れば様々な組み合わせでいかようにも楽しむことが出来るでしょう。

 

Dezeen_Giraffe-Childcare-Centre-by-Hondelatte-Laporte-Architectes_21-FAC-NO_1000

 

 

恐らくこのキリンだけを作るにも何百万も、むしろ下手したら数千万掛かっているでしょう。それでもこのキリンを作ることを理解したクライアントが凄いと思うのと共に、全ての要件を満たした上で単純に形遊びをするのではなく、新たな要素を思いっきりぶちこむというこの発想には脱帽です。

 

これは見に行きたいなぁ。

 

Via - Raphaelle Hondelatte Mathieu Laporte Architectesはてなブックマーク - Raphaelle Hondelatte Mathieu Laporte Architectes

-Giraffe Childcare Centre by Hondelatte Laporte Architectesはてなブックマーク - Giraffe Childcare Centre by Hondelatte Laporte Architectes

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
Recent Posts