iOSデバイスをギターに直結。次世代のギターはこうなるか

Home / Apple / iOSデバイスをギターに直結。次世代のギターはこうなるか

Fender-w-iOS2

AppleのCMでも使われるほど、iOSの音楽アプリは非常に好評を博しています。

そういった背景から、アメリカではギターメーカー大手Fender社のディフュージョンブランド『Squire』製のギターでAppleStore限定モデルとしてオーディオインターフェースを内蔵し直接iOSへ接続出来る端子を有したギターというのが販売されていました。

 

それがついに市民権を得たのか、日本国内でも先月よりiOS直結ギターがついに発売され始めました。

前述のSquireのものはアメリカ限定でしたが、日本も含め発売されている本家Fenderの製造するFenderMexico(メキシコ製)モデルの中で、同社の製品としては比較的低価格帯のものをベースにしたFender MEX Deluxe Stratocaster HSS Plus Top with iOS Connectivityが発売されました。

Fender-w-iOS

ベースの物から約2万円価格がアップしUSBとイヤフォンのインターフェースが追加されている形です。

国内の実勢価格が約8万円。前述の通りFender製ギターの中では比較的低価格帯のものです。

正直、個人的にはiOSアプリも含めかなり興味があるのですが、恐らく一定層以上からは全く見向きもされないギターかも知れません。

音の世界はオーディオが顕著ですが、未だ真空管アンプが売られている世の中。技術が進めば必ずしも良い物が出来る世界ではありません。

アンティークのギターが飛ぶように売れる中で、新世代ギターとも言えるこれは果たしてどのような人が手にするのか。

新しい取り組みとしては非常に興味有る分野なので1世代だけでお終いとならないことを祈りたいです。

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
Recent Posts