Java 6最終サポート。El CapitanでJava6をインストールする方法

Home / Mac / Java 6最終サポート。El CapitanでJava6をインストールする方法

el-capitan

先月末に配布が開始したAppleの新OS10.11「El Capitan」

基本的には旧バージョンとなるYosemiteのマイナーアップデートですが、新機能もりもりと言うわけではなく、チューンナップされており、動作も軽くそれなりに好評なようですね。

ただ、今回のEl Capitan Java6をサポートする最終バージョンになってしまうため、ここまでバージョンアップはできても、ここから先アップデートすると一気に使えなくなるソフトが出てくることが予想されます。

そして、このEl Capitanにアップデートすると自動でJavaも最新版に上がってしまうようなんですが、Java6ランタイムインストールの警告からつながるアップルにリンクが直接ダウンロードまで飛べないので、今回はそれをご紹介。

 

https://support.apple.com/kb/DL1572?locale=ja_JP

こちらのリンクからインストーラーをDLすればJava6のインストールができます。

AdobeのCs4,5はもうこれを入れないと動作しないんですね。Psだけは使ってましたが、そろそろCCに全面移行を考える時期が近いようです。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
Recent Posts