FUJIFILM X-T1【CP+2014 Report】

Home / Digital / FUJIFILM X-T1【CP+2014 Report】

CP+2014が2月13日(木)より開幕しました。不幸にも本日2月15日は昨日の雪の影響で中止しているとのことですが。

自分は初日2月13日に行ってきましたので、明日行こうかと考えている方のためにも、今回はそのレポートをしていこうと思います。

CP+2014の目玉はやはり直前に発表された新機種。一部各社のショールームで体験出来る物もありましたが、この場で初お披露目の物も幾つか。

というわけで自分が個人的に注目していた2機種のレビューでも。

まず本記事ではこちら。

FUJIFILM X-T1

IMG_5163

FUJIFILM Xマウントの実質的にはフラッグシップ機でしょうか。

X-TransCMOS Ⅱ / EXR ProcessorⅡというFIJIの最新センサー&エンジンを積んだ機種第2号。

FUJIFILMは基本的には同世代の機種ならばフラッグシップでもエントリーでも同じセンサー&エンジンを積んでいるので写り的には恐らく同じ。

 

main_07

ただ、このX-T1の最大の魅力はなんと言ってもEVF。

従来のラインナップですとEVF搭載はX-E1/2の役割でしたが、本機のEVFは、表示タイムラグが0.005秒しかない高速描写。0.77倍の倍率で236万ドットの大型有機ELディスプレイ。

 

これが実物を見ると本当に凄い。従来のEVFがアナログテレビならばこれは地デジ。非RetinaからRetinaへ。それぐらいの違いがあります。

 

今までのEVFが、普通のファインダーだとボディが大きくなるから仕方なくEVFを選択していたとすると、

今回からはEVFの方が同時に表示できる情報量が多いからEVFを選ぶという積極的な選択を出来る時代が遂に来たかと言った印象。

 

evf

EVF内に各種パラメーター、水準計等様々な情報を表示をはじめ、ピント面の拡大表示、マニュアルフォーカス時のピーキング表示も可能。

逆に言えば、それほど多くの情報を表示しても全てしっかり認識できるだけのEVFのサイズと精細さが備わっています。

 

遂にEVFが始まった。

 

本当にそんな印象を受ける名機になるんではないかと言える機種でした。本当に凄い。量販店に並んだ際には一度見て欲しい。今までのEVFとは概念の違いすら受ける程の素晴らしいEVFです。

 

IMG_5160

正直写りはSDカードの持ち帰りもしていないので分かりません。ただ、写りに関しては評判の良いX-E2と同じはず。

先日まで自分もみんぽすさん経由でX-M1をお借りしていましたが、FUJIFILMのボディ(特にセンサー)、純正レンズは同価格帯の物と比較すると本当に群を抜いた性能を持っていると感じています。

 

そのことからも、今回のX-T1及びそれにFUJIFILM製レンズを装着した時に撮れる画を想像すると、楽しみで仕方有りません。

当日FUJIFILMのブース内で発売前のXF10-24mmF4及び、既に発売されているXF14mm F2.8も試写させて頂きましたが、ブースの方とお話をしているとレンズ設計にも相当の自信が伺えました。確かに良いレンズなんですね。どちらも。

 

デジタルイメージングの分野ではどうも二番煎じで今一つの印象が拭えなかったFUJIFILMでしたが、このXシリーズは遂にFUJIFILMが凄いものを出してきたなと改めて今回の製品を触って気づかされた次第でした。

 

ちなみに本機のTouch&Tryの列は大体20〜60分程度待ち列ができるとのことですので、CP+2014に行かれる際にはご注意下さい。

ただ、逆に会場内で並ぶ様な物がこのX-T1と次の記事で書くSIGMA dp2 Quattro 、時間帯によってはPanasonic GH4程度ですので、行かれる際には事前に相応の時間を見ておくことをお勧めします。

 

 
 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
Recent Posts