Appleシステムフォント『San Francisco』

Home / Apple / Appleシステムフォント『San Francisco』

San Francisco

Apple Watchの発表から程なく話題になった、AppleWatchで使われているシステムフォント。

既存のどのフォントとも違うこのフォントはAppleWatchに搭載されるであろう20年ぶりのApple製のフォントと期待されていました。

 

そして、AppleWatchのSDKであるWatchKitのリリースと共にこのフォントが姿を現しました。

それがこの『San Francisco』というシステムフォントで23の様々な書体を含んでいるとのこと。

このSan Franciscoの最大の目的はAppleWatchというわずか30mm角程度の画面の中に表示して視認性、デザイン共に美しく見えることであると考えらます。

[YosemiteSanFranciscoFont]GitHub

ちなみに、こちらでYosemite環境でSanFranciscoをシステムフォントにする方法が載っています。自己責任でご興味のある方は。

 

iPodと違い、付き合う時間が多くなると考えられるAppleWatchは小さい画面だから見づらいというのは許されないでしょう。

それ故に、フォントというUXに大きく影響する部分にも、今回重い腰を上げ手をつけたのではないでしょうか。

 

シンプルで視認性の高いフォントですね。

実際のAppleWatchの画面内で見られる日が待ち遠しいです。

[シャランとした雰囲気、Apple Watchのフォント「San Francisco」 | [ t] TAROSITE.NET]

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
Recent Posts